一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

三菱ケミカル、紙コップから野菜へ!ギラヴァンツ北九州と連携し、生分解性樹脂 BioPBSTMとスポーツの力で循環型システム実現に挑戦

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2021.09.06 【情報源】企業/2021.08.05 発表

 三菱ケミカル株式会社は、J リーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州と連携し、同社の生分解性樹脂 BioPBSTM を使用した紙コップを起点とするコンポストによる循環型システム実現に向けた実証試験を行うことを発表。
 今般の実証試験では、ギラヴァンツ北九州が今年8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」に、同社の生分解性樹脂 BioPBSTMを使用した紙コップ約6,500個を提供し、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化する。出来上がった堆肥の一部は地元高校で野菜の栽培に活用し、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行う。
【三菱ケミカル株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース