一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

日本郵船、脱炭素に向け国際的統合エネルギー企業bp社と戦略的パートナーシップを締結

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2021.10.07 【情報源】企業/2021.09.15 発表

 日本郵船株式会社は、国際的統合エネルギー企業であるbpと脱炭素をさらに推進するための戦略的パートナーシップに関する覚書を締結した。両社はこの戦略的パートナーシップを通じ、幅広い事業分野において脱炭素を実現する、価値あるソリューションの開発に向けて協業を検討していく。
 両社は今後、従来の船舶用燃料から液化天然ガスLNG)、バイオ燃料、メタノールなどの代替燃料への移行を協力して促進し、アンモニアや水素などの将来的なゼロエミッションの船舶用燃料を開発していく。これは、海運業界の長期的な脱炭素に関する目標の達成に寄与するもので、また、脱炭素化が難しい他業界について、両社は二酸化炭素(CO2)の海上輸送やその他のソリューションを提供することによって支援を行い、重工業や発電で使用されるアンモニアと水素のサプライチェーンへの参画も模索していく。
 海運業界は世界的な貿易活動の中核であり、世界が脱炭素化に向かっていくためには、海運業界も脱炭素化を進める必要があり、世界最大級の海運会社の1つとして、日本郵船はbp社と協力して海運業界の脱炭素化の取り組みをリードしていく。

【日本郵船株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース