一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ海洋大気庁、海洋マイクロプラスチック全球データベースを開設

地球環境 海洋汚染】 【掲載日】2021.07.20 【情報源】アメリカ/2021.07.02 発表

 アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、世界の海洋のマイクロプラスチック汚染状況に関するデータを集約したデータベースを開設したと発表した。近年、海洋プラスチックごみの生態系や社会・経済に及ぼす影響が懸念されているが、海洋への流出・拡散過程や量に関する情報を統合して提供するデータベースはなかった。今回、公開されたデータベースは、ワンストップ・リポジトリとして、データを集約・保管し、ファイル形式のほか時期、地域、データ種別に一覧できる地図データで提供する。現在のところ、アメリカの非営利団体「Adventure Scientists」が2013〜2017年にボランティアにより世界各地から収集したデータ、アメリカの環境教育団体「SEA(Sea Education Association)」が1986年から収集したデータ、ドイツの海洋研究機関「GEOMAR」が2017〜2018年に収集したデータをベースにしている。NOAAは、今後積極的な更新を予定しており、データの提供を呼びかけている。
【アメリカ海洋大気庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク