一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

イギリスから中国への家庭廃棄物違法輸出を阻止

ごみ・リサイクル ごみ処理】 【掲載日】2005.04.25 【情報源】オランダ/2005.04.05 発表

 オランダ税関と住居・国土計画・環境省の検査官は、イギリスから中国に向けて違法に輸出されようとしていた家庭廃棄物を、ロッテルダム港やユトレヒト港等で押収した。
 コンテナに詰められた家庭廃棄物は、全体で1600トンにも及んだ。中国当局はこれらの廃棄物の輸入に必要な許可を与えておらず、また、イギリス及びオランダの当局も、廃棄物の輸出や移送の許可を与えていなかった。
 添付されていた文書では、コンテナには古紙が積み込まれていることになっていたが、検査したところ、食品容器やブリキ缶、食べ残し、衣服、新聞、電池などの家庭廃棄物が圧縮されていた。
 イギリスからの家庭廃棄物の輸出は、同国が新しいリサイクル政策を導入し、埋立税を引き上げたために増加している。規制の網を潜り抜けて、アジアへ廃棄物が輸出される機会は多く、人体や環境へのリスクが高まっている。
 今回、押収された廃棄物は、イギリス本国に送還される。また、これらの廃棄物を輸出しようとしたイギリスの企業についても報告される。【オランダ住宅・国土計画・環境省】(英語版)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース