一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

環境省 関連施設の吹付けアスベスト使用実態調査結果を公表

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.08.29 【情報源】環境省/2008.08.28 発表

 環境省は、地方公共団体が設置した環境省関連施設における吹付けアスベスト使用実態調査結果をまとめ公表した。
 今回の調査は、一部の建築物において、これまで使用実績がないとされてきたトレモライト等が検出される例が明らかになったことから、石綿の使用の有無の分析調査の徹底等をはかったもの。
 今回の調査対象は、
(1)地方公共団体が設置した廃棄物処理施設のうち、平成8年度以前に竣工した施設
(2)地方公共団体が設置した自然公園等施設のうち、調査発出時に供用中又は休止中の施設
(3)地方公共団体が設置した大気環境測定局のうち、調査発出時に稼働中又は休止中の局舎
調査結果概要は、調査総数11,846件のうち、アスベスト等を使用していた、使用している又は使用の可能性のある施設が1,128件、そのうち措置終了施設が235件、措置が終了していない施設が63件、使用有無が確認できない施設が691件、施設が廃止されており、従事者に曝露のおそれがない施設が139件(廃棄物処理施設等)等となっている。
 なお、環境省では、措置が終了していない施設について、除去・封じ込め等の必要な措置を講ずるほか、現時点で使用の有無を確認できない施設については、トレモライト等を含む全ての種類のアスベストについて、調査・分析により確認の上、必要な措置を講ずるよう、都道府県等に対して通知、今後も都道府県等における対応の進捗状況等を定期的に確認していくとしてる。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク