一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

アジア3R推進フォーラム第4回会合開催 「ハノイ3R宣言」を採択

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2013.03.26 【情報源】環境省/2013.03.25 発表

 環境省は、ベトナム天然資源環境省、国際連合地域開発センター(UNCRD)とともに、平成25年3月18日〜20日に、ハノイにおいて、アジア3R推進フォーラム第4回会合を開催した。
 会合には、アジア太平洋地域の31ヶ国から7人の大臣、13人の副大臣級をはじめ、国連機関、アジア開発銀行等の援助機関、民間企業、NGO/NPO等から、計約270名(登録者数)が参加した。
 今回の会合は、「リオ+20の成果文書『我々が望む未来』を踏まえた今後の3Rの取組」をテーマとし、[1] アジア地域での3R政策の推進、[2] 持続可能な社会に向けた資源効率性、エネルギー効率性の向上、廃棄物量の削減、[3] 国および地域レベルでの廃棄物処理政策や法規制の実施、[4] 様々な主体が参加した官民連携のあり方などに関する議論を行った。
 その結果、アジア太平洋地域における3Rの推進のための今後10年間の政策目標、具体的には一般廃棄物に含まれる有機物成分の活用など、33項目の目標を定め、各目標の達成状況をモニターするための指標をまとめた「ハノイ3R宣言」を採択した。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク