一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

伊藤忠商事、ドイツ最大級の洋上風力発電事業に、中国複合企業の子会社と参画

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2016.12.22 【情報源】企業/2016.12.20 発表

 伊藤忠商事は、ドイツ最大級の洋上風力発電事業に参画する。中国最大の複合企業、CITICの投資子会社、CITICパシフィック(香港)とともに、デンマークの年金ファンドが保有する洋上風力発電所権益の22.5%を取得することで合意した。発電所はすでに稼働している。これを機に今後、両社で他の案件への取り組みも進める。

 ドイツの最北端に位置するジルト島の沖32kmの北海にある「ブーテンディーク洋上風力発電所」で、288MW(28万8000kW)の総発電容量がある。同国北海沖で稼働中の洋上風力発電所では最大級の規模だ。2015年8月に営業運転を開始して以来、順調に操業を続け、同国の標準家庭約37万世帯分の電力を供給している。

 CITICパシフィックは、CITICグループの海外事業基盤として資源・エネルギーや不動産、環境関連、情報通信などに投資している。中国でも洋上風力発電の成長が見込まれ、欧州の事業に投資して知見を得る。伊藤忠はCITICパシフィックと欧州での再生可能エネルギービジネス促進の覚書を結び、今回が最初の案件となる。

 ドイツは2050年までに総電力消費量に占める再生可能エネルギーの割合を80%以上にする目標を掲げ、洋上風力発電をはじめ再生可能エネルギーの需要の高まりが予想される。伊藤忠は再生可能エネルギーに関して現在、北米で2件の風力発電所と1件の風力・太陽光発電所、インドネシアで地熱発電所事業に関わっている。【伊藤忠商事株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ