EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
気候変動枠組条約 
次の記事へ
 件数:132件
 索引:「キ」
 32-41件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2011.09.09
気候変動枠組条約
キコウヘンドウワクグミジョウヤク   【英】Framework Convention on Climate Change   [略]FCCC   [同義] 気候変動に関する国際連合枠組条約 
 解説 |
大気中の温室効果ガスの濃度の安定化を究極的な目的とし、地球温暖化がもたらすさまざまな悪影響を防止するための国際的な枠組みを定めた条約。地球サミット直前の1992年5月9日に採択され、同年6月の地球サミットの場で各国の署名のために開放された。日本は1992年に署名、1993年に批准。条約は、第23条の規定により50ヶ国目の批准があった90日後に当たる1994年3月21日に発効した。
2011年5月現在の締約国数は、195カ国+EU。条約事務局はドイツのボンにある。
条約においては、1)締約国の共通だが差異のある責任、2)開発途上締約国等の国別事情の勘案、3)速やかかつ有効な予防措置の実施等の原則のもと、先進締約国に対し温室効果ガス削減のための政策の実施等の義務が課せられている。気候変動枠組条約の交渉会議には、最高意思決定機関である締約国会議(COP)の他、2つの常設の補助機関(SB)である、(1)実施に関する補助機関(SBI)と、(2)科学的、技術的な助言に関する補助機関(SBSTA)がある。
 この解説に含まれる環境用語 |
  地球温暖化
  地球サミット
  実施に関する補助機関
  科学的、技術的な助言に関する補助機関
  温室効果ガス
  安定化
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  地球温暖化問題(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/index.html
  United Nations Framework Convention on Climate Change
http://unfccc.int/2860.php
  気候変動枠組条約・京都議定書(環境省)
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/cop.html
  気候変動に関する国際連合枠組条約の要旨(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/clm_cnv.html
ページトップへ