• 特集トップ

事例 地図

 2010年10月に開催された生物多様性条約COP10名古屋会議。この会議を契機に、「生物多様性」という概念が広く注目と関心を集めます。生物たちの生命(いのち)とその環境を守ることは、私たち人間の未来を守ることでもあります。
 しかし一方で、そもそも「生物多様性」ってどういうことを意味するのか。これまでに、そして今まさに、現場で取り組んでいることとのつながりや関連って、どういうところにあるのか──。
 そんな、現場の動きと「生物多様性」という少しわかりにくい概念とのギャップを埋めるために、全国各地の取り組み事例を紹介します。
 「生物多様性」の意味することと、それが現場で取り組まれていることとどう関わりを持ち、つながっているのかを読み解いてみてください。

2010年は「生物多様生年」でした。
生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が2010年10月18日から愛知県名古屋市で開催されました。



事例一覧 事例1 事例2 事例3 事例4 事例5 事例6 事例7 事例8 事例9