EICネット
前のページへ戻る

H教授の環境行政時評

環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
[H教授プロフィール]
昭和42年京都大学卒。
同年4月に厚生省(当時)入省。昭和46年7月の環境庁発足により、環境庁勤務。
レンジャーとして、瀬戸内海・中部山岳・霧島屋久 各国立公園の管理に従事。
また本庁では、水質規制課長、国立環境研究所主任研究企画官、環境研修センター所長 等を歴任(この間、ハワイ東西センター客員研究員なども)。
現職は、関西学院大学総合政策学部教授。本名 久野武(ひさのたけし)。

<ホームページ>
Hキョージュ=久野武=越貴来翔の世界

H教授の環境行政時評

 『環境の世紀』といわれる今世紀。地球温暖化の問題や生物多様性の保全など、環境に関わるさまざまなキーワードを耳にする機会が多くなってきています。
 その一方で、国内で、また国際的にも、ズバリどういうことが問題にされていて、何が議論されているのか など、情報が氾濫する割に、いや氾濫しすぎているからこそ、わかりにくくなっている現状があるともいえます。
 2003年1月から新しくスタートした『H教授の 環境行政時評』。 ─多くの皆さんより、かつてないほど多数のご意見・ご感想をいただきました。ご好評につき、当初は隔月開講でお送りする予定でいましたが、毎月開講とさせていただきます。今後ともよろしくご贔屓下さい。
 このコーナーでは、環境庁(当時)の職員から大学教授へと華麗な転身を果たしたH教授が、環境にかかわる内外のタイムリーなできごとを、環境行政マンとして過ごしてきた経験に即して解説します。

登場人物は、
環境庁OBで、現KG大学教授の H教授と、
同研究室に、図らずも配属されてしまった、H教授が唯一指導担当する女子学生 Aさん。
(本人たっての希望により、本名・詳しいプロフィールは、特に伏せる)

AさんHキョージュ

 卒論の指導を受けるべく、足しげくH教授の研究室を訪れるAさんに対して、卒論の指導よりも、環境行政マンとして活躍していた在りし日を思いながら、昨今の環境行政の内外のできごとを、ときに憂い、またときに叱咤しながら語りはじめるH教授。
 「またはじまったわ...」と半ば呆れつつも、いつしかそんな与太話を楽しみにしている自分を発見してハッとするAさん...。
 そんな2人の会話による好評企画『H教授の 環境行政時評』。毎月更新でお送りしています。乞うご期待!

連載終了のお知らせ
2010年7月12日発行の第90講をもって、7年半にわたるEICネットでの連載を終了しました。その後、関西学院大学 久野研究室のページに場を移して連載を継続していますので、ご覧ください。→ http://semi.ksc.kwansei.ac.jp/hisano/

コンテンツインデックス

No.090

2 page|2010.07.12

第90講「中締めの季―お礼とお願い」
 H教授の環境行政時評(第90講)をお送りします。EICネットでの掲載は、今講でひとまずは終了いたします。長年ご愛読いただきまして、ありがとうございました。
 今講では、前講で募集した読者の皆様からのご意見・ご感想をご紹介しながら、連載終了(引っ越し)の挨拶を兼ねて、7年半にわたる本連載をふりかえっています。
 なお、本連載は今後、関西学院大学のホームページに移転して、継続する予定です。また、これまでのバックナンバーは、当EICネットのライブラリより、引き続き閲覧可能になりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

No.089

2 page|2010.06.09

第89講「EICネット最終講宣言―未知の世界へ」
 今回をもって、最終講となるH教授の環境行政時評、今回とりあげる話題は、爆発的な広がりを見せる口蹄疫の感染症について、石綿訴訟の国の敗訴と国の不作為との関係について、高速増殖炉「もんじゅ」の運転再開のニュース、温暖化基本法の行方や米国の温暖化法案とその関連で注目を集めるメキシコ湾での原油流出事故、海洋・海底の開発と日本の特殊事情についてになっています。
 来月は、読者の皆様からのご意見等をご紹介し、キョージュからの最後の挨拶を掲載いたします。よろしくお願いいたします。

No.088

1 page|2010.05.13

第88講「鳩山内閣の環境政策―迷走か、瞑想の末か」
 今月は、京都議定書の第一約束期間初年度に当たる2008年度の温室効果ガス排出量の確定値発表の話題から、国と自治体の温暖化防止対策の動向について、また新・救済方針を閣議決定したのち、犠牲者慰霊祭への首相の出席と謝罪についてお送りします。
途上国、特に中南米諸国でいまだ終わらない有機水銀汚染の問題にも触れます。

No.087

4 page|2010.04.12

第87講「鳩山内閣誕生から半年」
 今月の話題は、つい先日成立したばかりの温暖化対策基本法とその制度的課題や運用に際して論議される真水論、ポスト京都を見据えた国際動向と、キョージュ持論のエネルギー抑制型社会システムの構築に向けて日本が世界のモデルになるべしとの提言。また、最近話題を呼んだカドミウム問題にまつわる環境行政生態学的解説と、その他、住宅版エコポイント導入に対する“エコ贔屓”論を展開し、水俣病訴訟の和解と水俣病被害者救済特措法の救済措置方針案についての解説をブチあげ、マグロ・トキ・イルカ三題噺で締めます。 オチは、キョージュの頭の“ザ・コーブ”。はたして、キョージュの身に起きたできごととはいかに…!?

No.086

3 page|2010.03.04

第86講「ポスト2010年目標 ―生物多様性保全の新たな展開に向けて」
 今講では、昨年末のCOP15でまとまったコペンハーゲン合意に基づく各国の2020削減計画と、それによる温暖化防止効果の評価についての予測紹介と、国内の動きとして温暖化対策基本法の制定に向けた各界の意向と調整について簡単に触れます。
メインの話題は、10月に開催の迫った生物多様性条約COP10にまつわる国内外の動向について。COP10の意味と2010年目標&ポスト2010年目標、日本国内で改正案がまとまった生物多様性国家戦略2010の概要と、保護地域にまつわるあれこれを解説します。最後に、クロマグロとクジラの保護・利用にまつわる最新情報を紹介します。