一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 騒音レベルの中央値

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

騒音レベルの中央値

ソウオンレベルノチュウオウチ   【英】Fifty Percent Level of Sound Level  [略]L50  

解説

騒音レベルは通常時々刻々時刻変動するものであるが、その平均的な状況を示す指標のひとつ。

5秒ごとに騒音計の値を50個程度読み取り、小さい値から大きな値に順番に並べ、累積頻度曲線図を描き、小さい方から50%に当たる値が、その場所その時間帯での騒音レベルの中央地となる。

騒音に係る環境基準については、1998年の改正前までは騒音レベルの中央値(L50)で評価していたが、1999年4月からは、等価騒音レベル(Laeq)で評価することになった。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト