EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
指定調査機関(... 
次の記事へ
 件数:440件
 索引:「シ」
 117-126件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
指定調査機関(土壌汚染対策法)
シテイチョウサキカン   【英】Designated Survey Institute  
 解説 |
指定調査機関とは、手続き根拠法に基づいて特定の調査等を行うに当たって、適切な調査等を行うことができる機関として法に基づき指定される。
土壌汚染対策法(2002)第3条又は第4条に基づく調査を行う場合には、環境大臣の指定する者に調査をさせなければならない。この場合の環境大臣の指定する者を指定調査機関という。
指定調査機関の指定の基準は、土壌汚染状況調査の業務を適確かつ円滑に遂行するに足りる経理的基礎及び技術的能力を有し、同調査の公正な実施に支障を及ぼすおそれがないものであること等となっている。
2003年8月現在、約1,300の機関が指定調査機関として公示されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  土壌汚染対策法
  土壌汚染状況調査
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題土壌・地下水

 関連Webサイト |
  土壌汚染対策法について(法、政省令、告示、通知/環境省水環境部)
http://www.env.go.jp/water/dojo/law.html
ページトップへ