EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
JUSSCANNZ   
次の記事へ
 件数:135件
 索引:「ジ」
 86-95件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
JUSSCANNZ
ジュスカンズ   【英】Japan, US, Swiss, Canada, Australia, Norway, New Zealand   [略]JUSSCANNZ  
 解説 |
COP3の国際交渉におけるEU以外の先進国グループ。EUに対抗するためにEUに所属しないOECD加盟国が作ったグループ。日本、アメリカ、スイス、カナダ、オーストラリア、ノルウェー、ニュージーランドなど主要国の頭文字を合わせJUSSCANNZ(ジュスカンズと発音)と呼ばれていた。この他、アイスランド、メキシコ、韓国が入ることもある。
日米加豪など温室効果ガスの排出量が増加傾向にある国がほとんどで、議定書交渉でも非積極的なグループ。COP4以降ではアンブレラ・グループとして行動することが多い。
 この解説に含まれる環境用語 |
  温室効果ガス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  条約交渉プロセスの解説 > 締約国による交渉グループ[JCCCA]
http://jccca.org/content/view/794/560/
  EU-JUSSCANNZ consultation on SAICM
http://www.chem.unep.ch/saicm/meeting/EU_Jusscanz/default.htm
ページトップへ