一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ストーカー炉

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

ストーカー炉

ストーカーロ   【英】Stoker Furnace  

解説

ごみをストーカー(「火格子」とも呼ばれるごみを燃やす場所。下から空気を送りこみごみを燃えやすくするため、金属の棒を格子状に組み合わせてある)の上で転がし、焼却炉上部からの輻射熱で乾燥、加熱し、攪拌、移動しながら燃やす仕組みの焼却炉。

国内の焼却炉で最も多く使われているタイプ。ストーカーの形状や移動方式によりいろいろな種類がある。このほかに、炉内で高温に熱した砂を流動させてごみを燃焼する「流動床炉」がある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト