一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 代償ミティゲーション

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2015.01.22

代償ミティゲーション

ダイショウミティゲーション   【英】Compensatory Mitigation  

解説

人間の活動によって発生する環境影響の補償、代償として、代償資源や環境を置き換えて提供するという、環境への影響の代償措置のこと。例えば干潟の埋立を行う際、消失する干潟の代償として近傍に人工干潟を造成するようなことをいい、環境影響の回避・低減の措置を十分に実施してもどうしても残る環境影響に対して実施される。

なお、ミティゲーションは、開発事業による環境に対する影響を軽減するためのすべての保全措置をいい、環境影響の回避、低減及び代償措置が含まれる。日本ではミティゲーションといえば代償ミティゲーションを指すことが多いが、これは元来はミティゲーションの諸段階の中でもっとも検討優先度の低い、いわば最後の手段にあたる概念である。(2014年9月改定)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト