一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 低フラップ角着陸方式

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

低フラップ角着陸方式

テイフラップカクチャクリクホウシキ   【英】Reduced Flap Setting  

解説

航空機騒音を軽減するための運行方式のひとつで、航空機が着陸する際に適用される。

滑走路の距離が長く十分に余裕がある場合に、浅いフラップ角のままで着陸する方式(フラップは、離着陸時に使う、揚力を増すための装置)。機体の空気抵抗が減少する分、エンジンの出力を減少させることができ、その結果、地上に到達する騒音量も減少させることができる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト