EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
トビリシ会議  
次の記事へ
 件数:172件
 索引:「ト」
 93-102件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
トビリシ会議
トビリシカイギ   【英】Intergovernmental Conference on Environmental Education in Tbilisi   [同義] 環境教育政府間会議 
 解説 |

1977年10月、66ヶ国の代表が参加し、旧ソ連のグルジア共和国の首都トビリシで開催された環境教育に関する政府間会議。国連教育科学文化機関(UNESCO)主催(協力国連環境計画(UNEP))。

準備会合として位置づけられていたベオグラード会議(1975)や世界の5地域で開催された「環境教育地域専門家会議」(1976-1977)の検討成果を受けて開催され、40項目の一般報告、37項目の委員会報告がなされ、『環境教育に関するトビリシ政府間会議宣言トビリシ宣言)』と41項目の勧告が出された。

しかし、その成果については、会議の報告が翻訳、出版されていないこともあって、日本では紹介されることが少ない。『環境教育懇談会報告』(環境庁編、1988)ではトビリシ宣言の抜粋のみが掲載されるにとどまるなど、日本における環境教育の目的は、トビリシ会議からよりも、準備会議の性格を持っていたベオグラード・ワークショップの憲章から引用されることが多い。

 この解説に含まれる環境用語 |
  国連環境計画
  環境教育地域専門家会議
  環境教育懇談会報告
  環境教育に関するトビリシ政府間会議宣言
  ベオグラード会議
  ベオグラード・ワークショップ
  トビリシ宣言
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境教育

 関連Webサイト |
  トビリシ宣言原文[UNESCO]
http://unesdoc.unesco.org/images/0003/000327/032763eo.pdf
ページトップへ