一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 バードサンクチュアリ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2019.06.28

バードサンクチュアリ

バードサンクチュアリ   【英】Bird Sanctuary  

解説

一般的には、「野鳥を主とした野生生物が安心して生息できる場所」として確保された土地を指す。「サンクチュアリ」が教会や神殿などの聖域を意味することから、こう呼ばれるようになった。

日本のバードサンクチュアリのはじまりは、1981年に北海道ウトナイ湖(苫小牧市)に設置された「日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ」。このサンクチュアリをモデルにして、1982年には福島市が「福島市小鳥の森」を設置するなど、バードサンクチュアリ設置の取り組みは行政を含めて全国的に行われるようになった。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト