EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
バイオダイバシ... 
次の記事へ
 件数:63件
 索引:「バ」
 19-28件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
バイオダイバシティー・サポート・プログラム
バイオダイバシティーサポートプログラム   【英】Biodiversity Support Program   [略]BSP  
 解説 |
世界の生物多様性を保全するための連携組織(consortium)。1989年から2001年の間に世界自然保護基金(WWF)、ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)、世界資源研究所(WRI)が米国国際開発援助庁(USAID)の資金協力を得て総額約8500万米ドルの事業費で各種の生物多様性保全プロジェクトを実施した。これらは、アフリカ・マダガスカル、アジア・太平洋、東ヨーロッパ、ラテンアメリカ・カリブ諸国の各地域プログラムおよび解析・順応的管理(Analysis and Adaptive Management)(AAM)、生物多様性保全ネットワーク(Biodiversity Conservation Network)(BCN)の全体6プログラムとして実施され、多くの関係者の参加と横断的な協力により、生物多様性の保全と地域の社会経済的発展の両立を図ることとし、より良い保全戦略のための順応的管理(アダプティブ・マネジメント)手法も取り入れられている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  生物多様性の保全
  生物多様性
  世界自然保護基金
  世界資源研究所
  順応的管理
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  Biodiversity Support Program
http://www.worldwildlife.org/bsp/
ページトップへ