一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 緑の少年団

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2019.06.30

緑の少年団

ミドリノショウネンダン   【英】Junior Green Club  

解説

青少年が主体となって緑化に係る広範な活動を展開する団体。緑化を通じて次代を担う青少年の育成を図るため、林野庁が主導し、都道府県、市町村等が活動を援助している。

全国各地に設立されており、2001年1月現在、4,114団体が設立され、315,676人の青少年が参加している。活動分野は、(1)森林・林業や自然への理解を深める学習活動、(2)緑の募金活動への協力など地域社会等への奉仕活動、(3)心身の健全な発育を図るレクリエーション活動と多岐にわたる。活動の推進には、指導者の果たす役割が大きく、全国で約2万人の人々がボランティアとして指導に当たっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト