EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
メチル水銀   
次の記事へ
 件数:22件
 索引:「メ」
 9-18件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2015.01.22
メチル水銀
メチルスイギン   【英】Methyl Mercury  
 解説 |
 水銀にメチル基(-CH3)が共有結合した化合物。一般的にはモノメチル水銀を指すが、モノメチル水銀とジメチル水銀の総称として使われる場合もある。かつて、メチル水銀は種子消毒、水虫治療などの用途に用いられた。有機水銀の中でもメチル水銀の毒性(神経毒性)が最も強い。特に胎児は感受性が高く、その神経系の発達に影響を及ぼすことが知られている。メチル水銀の海外での中毒事例として有機水銀農薬製造工場での職業性曝露、メチル水銀で消毒した種子用小麦で作ったパンによる中毒(イラク)などがある。また、我が国では化学工場の排水に由来するメチル水銀の健康被害(水俣病)が発生した。メチル水銀は脂溶性の物質であり、生物濃縮を受けやすい。熊本新潟病や新潟水俣病は、排水に含まれたメチル水銀が食物連鎖を介して魚介類に高濃度に蓄積され、その汚染された魚介類を食べた人にメチル水銀の慢性中毒症状が発現したものである。また、自然の魚介類にもメチル水銀の含有量の高いものがあることが知られており、厚生労働省は「水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項」を公表している。(2014年9月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  有機水銀
  微生物
  水俣病
  水銀
  工場排水
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/06/s0603-3.html
  魚介類等に含まれるメチル水銀に係る食品安全委員会への食品健康影響評価依頼について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/07/h0723-5.html
  魚介類等に含まれるメチル水銀に関する食品健康影響評価についてのQ&A(内閣府食品安全委員会)
http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy_methylmercury_qa.html
  水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/06/dl/s0603-4c.pdf
ページトップへ