EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ラムサール条約  
次の記事へ
 件数:18件
 索引:「ラ」
 9-18件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
ラムサール条約
ラムサールジョウヤク   【英】Convention on Wetlands of International Importance Especially as Waterfowl Habitat   [同義] 特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約 
 解説 |
正式名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。条約が採択されたイランの町名にちなんでラムサール条約と呼ばれる。
締約国が国際協力により湿地の保全や賢明な利用(ワイズユース=wise use)を進めることが目的。締約国には、国際的に重要な湿地の登録や、登録地の保全と国内湿地の適正利用促進計画の作成、湿地管理者への研修の促進、国際協力の推進などが求められる。1971年採択、1975年発効。
締約国数は150カ国、登録された国際的重要湿地数は1,558件、総面積約1億3千万ha(2006年1月現在)。日本は1980年に署名し、平成17年11月の第9回締約国会議で20カ所の国内湿地が「国際的に重要な湿地に係る登録簿」に掲載され、合計33カ所が登録されている。
同条約では、対象とする湿地を「天然か人工か、永続的か一時的か、滞水か流水か、淡水、汽水、鹹水かを問わず、沼沢地、湿原、泥炭地または水域をいい、低潮時の水深が6mを超えない海域を含む」と定義している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約
  国際的に重要な湿地
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  Principles and guidelines for wetland restoration(Ramsar COP8 - DR 16)
http://www.iucn.jp/protection/reserve/pdf/Principles%20of%20Restoration.htm
  The Ramsar Convention on Wetlands(The Ramsar Convention
http://ramsar.org/
  ラムサール条約(J-IBIS)
http://www.biodic.go.jp/biolaw/rum/index.html
  ラムサール条約(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/rmsl.html
ページトップへ