EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ファクター10  
次の記事へ
 件数:138件
 索引:「フ」
 4-13件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
ファクター10
ファクターテン   【英】factor ten  
 解説 |
資源生産性(資源の投入量当たりの財・サービスの生産量)を10倍にすること、言い換えれば、同一の財やサービスを得るために必要な資源やエネルギーを10分の1とすることである。環境効率の指標のひとつ。
1991年にヴッパタール研究所(当時)のシュミット=ブレークが提起した概念であり、世界の物質・資源の流れを50%減らすためには、先進国では平均して10分の1に脱物質化を進める必要があるという計算に基づく。資源効率性を表すファクターX(エックス)のうち、エイモリー・B・ロビンスらが提唱したファクター4と並び有名。
 この解説に含まれる環境用語 |
  環境効率
  ファクターX
  ファクター4
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  Factor 10 Institute(英語)
http://www.factor10-institute.org/index.htm
  Factor 10 Institute(Austria)(英語)
http://www.faktor10.at/Englisch/index_en.htm
ページトップへ