EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
公共交通指向型... 
次の記事へ
 件数:281件
 索引:「コ」
 33-42件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.12.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年もさまざまなできごとがあった。直接環境にかかわるトピックスは本編に譲るとして、米国のトランプ大統領の就任による自国第一主義への舵きりは、支持基盤層である石炭産業の復権をめざした保護策の打ち出しなど、環境政策にも大きな影響が及んでいる。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2008.05.01 更新日 | 2017.07.19
公共交通指向型都市開発
コウキョウコウツウシコウガタトシカイハツ   【英】Transit Oriented Development   [略]TOD  
 解説 |
自動車に依存せず、公共交通に基礎を置いた都市づくりを実現するための開発アクションのこと。トランジット・プリファード・ディベロップメント(Transit Preferred Development)、トランジット・メトロポリス(Transit Metropolis)、トランジット・ヴィレッジ(Transit Village)とも言われる。
TODの取り組みは、ミクロからマクロな視点まで幅広いが、最も代表的な例としては、郊外住宅開発と公共交通整備の密接な結合、公共交通を基礎とした中心市街地の活性化、拠点鉄道駅周辺の重点都市開発、公共交通利用を念頭に置いた都市構造デザインと土地利用のコントロール、などが挙げられる。鉄道をはじめとする公共交通を重視しながら都市整備を進めてきた日本は、実際の鉄道シェアも世界的に極めて高く、重要なTOD先進国のひとつとみなされている。しかし、日本のTOD取り組みは民営鉄道による路線整備と沿線開発の一体的推進の分野に限られ、土地利用のコントロールや誘導の執行力が弱いなど、制度上の弱点が指摘されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  公害問題大気
  その他その他

 関連Webサイト |
  都市計画・都市構造との関係 [交通とまちづくりレシピ]
http://town-m.vop.jp/transit31.htm
ページトップへ