EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ライト・レール... 
次の記事へ
 件数:18件
 索引:「ラ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2008.04.30 更新日 | 2017.07.19
ライト・レール・トランジット
ライトレールトランジット   【英】Light Rail Transit   [略]LRT  
 解説 |
欧米を中心とする各都市において都市内の道路交通渋滞緩和と環境問題の解消を図るために導入が進められている新しい軌道系交通システム。定義は世界的に各々異なっており、統一されたものはない。
LRTは、従来の路面電車のように併用軌道を自動車と競争して走行するというレベルを脱却し、道路の幅員、交通量と沿道土地利用に応じて、路面のみならず地下、高架も走行でき、柔軟性に富んだ走行性と利便性を併せ持っている。また、建設・導入コストが他の交通システムと比較して安いことが特徴といえる。近年では、ユニバーサルデザインの思想のもと、多くの車両がLRV(エルアールブイ/Light Rail Vehicle/超低床車両)となるなど、路面からすぐに乗れる公共交通としてすべての人に抵抗なく利用されている。
日本では、岡山電気軌道株式会社(岡山市)や長崎電気軌道株式会社(長崎市)などで、既存の路面電車の軌道を利用し、LRVを導入している。
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  公害問題大気
  その他その他

 関連Webサイト |
  LRTの導入支援(国土交通省道路局)
http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/lrt/lrt_index.html
  社団法人日本交通計画協会
http://www.jtpa.or.jp/contents/lrt/
ページトップへ