一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 抽水植物

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

抽水植物

チュウスイショクブツ   【英】Emergent Plant  [同義]挺水植物 

解説

水生植物のうち、水底に根を張り、茎の下部は水中にあるが、茎か葉の少なくとも一部が水上に突き出ているものをいう。挺水植物ともいう。ヨシ、ガマ、マコモ、コウホネなどのほか、アシカキのように伸びた茎が水面に浮んで匍匐する「半抽水植物」や、シオクグのように汽水域潮間帯に生育する植物を含む。

水深0.5-1m程度の岸近くの水辺に生育し、土壌が乾燥しない限り生存できる。茎や葉には、根に酸素を供給するための通気組織が発達している。葉の構造や機能は基本的に陸上植物と同じなので、冠水に対する耐性には限界がある。護岸工事など水辺の改変、埋め立て、周辺地域の開発に伴う地下水位の変化や水質悪化により、各地で抽水植物群落が消失している。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト