EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
生物農薬    
次の記事へ
 件数:223件
 索引:「セ」
 86-95件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
生物的防除
セイブツテキボウジョ   【英】Biological Control   [同義] 生物農薬 
 解説 |
化学農薬を使用せずに、生態系における捕食関係等を利用して害虫・雑草などの防除を行う方法。生物農薬とも言われる。天敵となる生物を用いて害虫などを捕食させる方法(この場合、特に「天敵農薬」と言うこともある)のほか、化学薬品処理や放射線の照射によって不妊化した害虫の雌を放して、繁殖を失敗させる方法などがある。
 天敵となる生物を用いる場合、在来の天敵生物の生息場所を保全することにより防除を永続的に行う手法や、他地域より導入した天敵生物を人為的に増殖し、害虫の発生時期に放つ方法などがとられている。天敵の導入による害虫防除は殺虫剤と比べて人体被害や環境汚染などの影響が少ないとの理由から導入されたが、他地域から捕食者等を導入することで在来の自然生態系がかく乱される事例が報告されており、導入には十分な検討が必要とされる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  生物農薬
  生態系
  殺虫剤
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境農業・漁業

 関連Webサイト |
  日本応用動物昆虫学会
http://odokon.ac.affrc.go.jp/ja/index.html
  日本農学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/nougaku/
ページトップへ