EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:169件
 索引:「ト」
 160-169件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
統合的汚染防止管理指令【EU】
トウゴウテキオセンボウシカンリシレイ   【英】Council Directive 96/61/EC of 24 September 1996 Concerning Integrated Pollution Prevention and Contr   [同義] IPCC指令  IPPC指令 
 解説 |
1996年9月に採択されたEUの指令。英語名よりIPPC指令(IPPCはIntegrated Pollution Prevention and Controlの略)とも呼ばれる。本指令は事業の操業許可制度を設け、EU域内にある汚染源からの汚染を最小化することを目的としている。
本指令は産業活動を行う新規又は既存の設備による空気、水質、土壌に対する排出を統合的に扱うものであり、1999年10月以降は附属書1に定められた産業活動(エネルギー産業、金属業、鉱業、化学工業、廃棄物業ほか)につき全ての新規設備及び大きな変更を行う予定の既存設備に適用される。これ以外の既存設備については2007年10月まで移行猶予期間が与えられている。
本指令の対象となる設備は操業許可が必要となり、継続的な監査及び許可条件の更新の対象になる。本指令に基づくの操業許可には「利用可能な最善の技術(Best Available Technique:BAT)」を基にした排出基準および操業条件が用いられる。その他、エネルギー使用、廃棄物及び事故防止に関する条項が定められている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  排出基準
  廃棄物
  IPPC指令
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題公害全般

 関連Webサイト |
  統合的汚染防止管理指令について
http://europa.eu.int/comm/environment/ippc/index.htm
  統合的汚染防止管理指令 条文(英語)
http://europa.eu.int/smartapi/cgi/sga_doc?smartapi!celexapi!prod!CELEXnumdoc&lg=EN&numdoc=31996L0061&model=guichett
ページトップへ