EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:60件
 索引:「ダ」
 51-60件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
大規模事故災害防止指令【EU】
ダイキボジコサイガイボウシシレイ   【英】Council Directive 96/82/EC on the Control of Major-Accident Hazards   [同義] セベソII指令 
 解説 |
1996年に採択されたEUの指令。1976年にイタリアのセベソにある化学工場で発生したダイオキシン汚染事故をきっかけに制定されたことから、本指令を「セベソ指令」とも呼ぶ。
1982年制定の特定産業活動による大規模事故災害に関する理事会指令(82/501/EC)を改正したもの。
この指令の目的は、危険物質を伴う大規模災害を予防し、災害が発生した際の人間や環境への危害を最小限にすることにある。
対象となるのは特定の産業活動に従事する者及び一定量の危険物質を保管する者で、対象となる者は安全管理計画及び事故時計画を策定しなければならず、公衆へこの情報を公開しなければならない。
対象となる施設の新設又は改築においては設置場所が加盟国により管理され、交通の要衝、人口密集地からは遠ざけられる。加盟国は対象となる施設を年1回立ち入り調査することになっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  ダイオキシン
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  大規模事故災害防止指令について(英語)
http://europa.eu.int/comm/environment/seveso/index.htm
  大規模事故災害防止指令 条文(英語)
http://europa.eu.int/smartapi/cgi/sga_doc?smartapi!celexapi!prod!CELEXnumdoc&lg=EN&numdoc=31996L0082&model=guichett
ページトップへ