一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 クリプトスポリジュウム

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

クリプトスポリジュウム

クリプトスポリジュウム   【英】Cryptosporidium  

解説

病原性の原虫で水道水を通じて感染する。下痢、腹痛、発熱がその症状で比較的軽度である。1-2週間で自然治癒する。

1996年6月に埼玉県越生町で発生した感染では、町の人口の7割に相当する9,000人以上の患者が出ている。患者の便や水道の取水河川からクリプトスポリジュウムが検出されている。この原虫は環境が悪くなるとオーシストという殻をつくり休眠するため、水道処理の過程で殺菌することが困難になる。対策としてはオーシストを除去するために、ろ過などにより濁度を小さくすることが行なわれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト