EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
REACH規則   
次の記事へ
 件数:53件
 索引:「リ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2008.04.30 更新日 | 2009.10.14
REACH規則
リーチキソク   【英】Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals   [同義] 化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則 
 解説 |
 数多くの化学物質による健康・環境へのリスクを体系的に評価し、これを適切に管理することに向けた、EUの地域レベルの取り組みのひとつ。
 アジェンダ21において、「有害かつ危険な製品の不法な国際取引の防止を含む有害化学物質の環境上適正な管理」などが謳われたことに端を発している。その後、1998年にEU環境理事会にて、化学物質に関する域内の規制と情報の欠如について懸念が提起され、REACH規制が具体的に進展するきっかけになった。2006年12月13日に可決されたあと、2007年6月1日に発効され、段階的な施行されている。
 既存化学物質・新規化学物質という従来の規制の枠組みを超えた登録等の制度を始め、事業者へのリスク評価の義務付け、流通経路を通じた情報伝達、製品に含まれる化学物質対策といった新しい考え方が盛り込まれている。具体的には、1)新規化学物質だけでなく、既存化学物質についても登録(安全性情報を含む)、2)原則、事業者ごとに登録等(個別事業者の取扱い量によって規制レベルが異なる)、3)特定の有害性物質は原則として使用禁止(認可されれば特定用途での使用可能)、および4)化学物質を含む製品(成型品)の製造・輸入者に対しても、含まれる物質について登録や届出などについて義務付けが明確化されたことに加えて、安全性評価の義務を規制当局から産業界に移管したことが挙げられる。さらに、使用を制限されるべき物質(欧州化学庁より部分的に公示済み)については、同庁の承認が必要になる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  有害化学物質
  リスク評価
  アジェンダ21
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  REACH規則の前文および本文(環境省仮訳)
http://www.env.go.jp/chemi/reach/reach/reach_article.pdf
  EUの新たな化学物質規制(REACH規則案)の動向
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/reach_0602.html
  EUROPA > European Commission > Environment > Chemicals > REACH
http://ec.europa.eu/environment/chemicals/reach/reach_intro.htm
ページトップへ