一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 クールアース・デー

作成日 | 2009.12.17  更新日 | 2009.12.17

クールアース・デー

クールアース・デー   【英】Cool Earth Day  

解説

クールアース・デーとは、天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における取組を推進するための日。2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日がクールアース・デーと定められた。2008年6月9日の当時の福田内閣総理大臣スピーチ「『低炭素社会・日本』を目指して」で提唱され、同年6月17日に開催された第20回地球温暖化対策推進本部において決定。日本の率先した行動を世界に発信するというねらいを持つものである。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト