一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 化学物質白書【EU】

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

化学物質白書【EU】

カガクブッシツハクショ   【英】White Paper on the Strategy for a Future Chemicals Policy  

解説

2001年2月にEUが公表。化学物質管理の新しい規制のあり方について提案するもの。

規制の目的は、化学物質への曝露に対して、ヒトの健康及び環境の保護を強化するとともに、EUの化学産業の競争力及び技術革新能力を維持、強化することにある。その中で最も重要なものがREACH(Registration, Evaluation, Authorisation of Chemicals)システム、すなわち化学物質の登録、評価、許可を一つに統合するシステム。このシステムのもと、化学物質を製造、輸入、使用する企業は、化学物質利用から生ずるリスクを評価し、明らかになった全てのリスクを管理するため、必要な手段を講じなければならない。

高い懸念が示されている化学物質、例えば発がん性生殖毒性、生態蓄積性のある物質には、より厳格な規制が導入され、許可制のもとで使用されることになる。2003年5月には本白書をもとに規制の草案が公表されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト