一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ジオパーク

作成日 | 2010.06.10  更新日 | 2010.06.11

ジオパーク

ジオパーク   【英】Geoparks  

解説

科学的に貴重な、あるいは景観として美しい地形や地質を有し、これらの資源を持続的に研究、教育、観光などに活用している地域、地区で、世界ジオパークネットワークの審査を受け世界ジオパークネットワークへの加盟を認定された地域(世界ジオパーク)または日本ジオパーク委員会により日本ジオパークとして認定された地域。

世界ジオパークネットワークはユネスコの支援により2004年に設立され、その後、ヨーロッパを中心に世界各国でジオパークの活動を推進し、世界ジオパークネットワークに登録される地域を認定している。日本ジオパーク委員会は、2008年に発足し、各地から申請のあった日本ジオパークについて審査、認定するとともに、世界ジオパークネットワークへの登録申請する地域を選定し、同ネットワークに推薦している。2010年現在、世界ジオパークはイギリス、フランスなど19カ国で64箇所が認定されている。

日本ジオパークは、北海道・アポイ岳、室戸など11地域が認定されており、そのうちの、洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島の3地域が2009年に世界ジオパークネットワークへの加盟が認定されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト