EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国土形成計画法  
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 141-150件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2011.07.01 更新日 | 2017.07.21
国土形成計画法
コクドケイセイケイカクホウ   【英】National Spatial Planning Act  
 解説 |
 1950年に制定された国土総合開発法が2005年に全面的に改定されたもの。国土交通省所管。わが国の戦後の国土計画は、国土総合開発法に基づく全国総合開発計画(全総)を中心に展開されてきた。1962年に初めて策定された全総は、1998年の「21世紀の国土のグランドデザイン」まで、その時代の諸課題に対応し5次にわたり策定されてきた。が、近年、開発基調・量的拡大を志向する全総は今日的課題にそぐわなくなり、法律の全面改定により、新しい時代の潮流を踏まえた成熟社会型の計画としての国土形成計画が策定されることとなった。
 国土形成計画は、全国計画と広域地方計画から構成される。現在の全国計画は2008年に閣議決定され、広域地方計画は、北海道と沖縄県を除く全国を、首都圏、近畿圏、中部圏、東北圏、北陸圏、中国圏、四国圏、九州圏の8つの広域ブロックに分けて定められる。北海道については北海道開発法(1950年制定)に基づく北海道総合開発計画が、沖縄については、沖縄振興特別措置法(1971年制定の沖縄振興開発特別措置法を廃止し2002年に制定)に基づく沖縄振興計画が定められる。
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  その他その他

 関連Webサイト |
  国土交通省「インターネットでみる国土計画」
http://www.kokudokeikaku.go.jp/plan/
  国土交通省「国土計画」
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/
ページトップへ