EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
第六次産業化  
次の記事へ
 件数:59件
 索引:「ダ」
 39-48件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2011.07.01 更新日 | 2017.07.19
第六次産業化
ダイロクジサンギョウカ  
 解説 |
 第1次産業(畜産水産物の生産)に第2次産業(食品加工)・第3次産業(流通販売)を融合し、農業者自身が付加価値を得ることのできる地域ビジネスの展開と新たな業態の創出を行う取組。雇用の確保と所得の向上による農産漁村の活性化を目的としており、具体例としては農業のブランド化、レストラン経営などがある。第六次産業化を推進するとして、2010年にはいわゆる六次産業化法が制定されている。
 6次産業という名称は東京大学名誉教授の今村奈良臣氏の造語で、当初は<第1次産業+2次産業+第3次産業=第6次産業>としていたが、単純な寄せ集め(足し算)よりも、それぞれの有機的・総合的な結合(掛け算)の必要性から<第1次産業×第2次産業×第3次産業=第6次産業>に改められている。なお、第4次産業及び第5次産業は存在しない。6次産業化は、第1次産業に付加価値をつけて高度化を目指す1.5次産業化と類似する点もあるが、より加工流通を複合化させる視点が明確だという点が異なる。
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境農業・漁業

 関連Webサイト |
  基本政策「農山漁村の6次産業化」(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/soushoku/sanki/6jika.html
  SRI 2010年6月号(No100) 特集「農業の6次産業化の理論と実践」(財団法人静岡総合研究機関)
http://www.sri.or.jp/sri_database/backnumber/documents/100report1_1.pdf
ページトップへ