EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
スマートメーター 
次の記事へ
 件数:76件
 索引:「ス」
 65-74件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2011.07.01 更新日 | 2017.07.19
スマートメーター
スマートメーター   【英】Smart meter   [同義] 高機能電力メーター 
 解説 |
 通信機能や端末機器等の管理機能を持つ高機能型のメーターを含んだシステムのこと。「AMI(advanced metering infrastructure)」と呼ぶこともある。主に電力メーターに組み込まれることから、高機能電力メーターのことを指すケースも多いが、電力だけでない各種メーターの管理システムも含む。
 エアコンや照明、セキュリティー機器などの家電機器等や事業所内設備系機器を、電気/ガス/水道等の各種メーターと無線通信機能等により接続することによって、各機器の稼動状況などを把握・管理する仕組み。メーターは自動検針でエネルギー利用量を記録するが、双方向性の通信機能によって、事業者サイドからリアルタイムで電力単価等を知らせることができるなど、エネルギー利用に関する「見える化」を図り、ユーザーの省エネを間接的に促すことを目的としている。
 東京電力では、2010年より導入実験を開始している。一方、米国では大手電力事業者が中心になって、2008年前半に家電機器を電力メーターから制御するための標準仕様「OpenHAN(home area network)」を策定している。
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  その他その他

 関連Webサイト |
  スマートメーター制度検討会
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/k_9.html
  スマートメーター制度検討会 報告書について(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004668/report_001.html
ページトップへ