EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境教育等促進法 
次の記事へ
 件数:345件
 索引:「カ」
 205-214件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2012.05.16 更新日 | 2012.05.16
環境教育等促進法
カンキョウキョウイクトウソクシンホウ   [同義] 環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律 
 解説 |

2011年6月15日公布の改正環境教育推進法

2003年7月、議員立法により制定された、「環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律」は、持続可能な社会を構築するため、環境保全の意欲の増進及び環境教育の推進に必要な事項を定め、人材の育成等について一定の役割を果たしたが、その後の、環境保全活動や行政・企業・民間団体等の「協働」の重要性の拡大、環境教育のさらなる充実を図る必要が高まったことから、2011年6月15日改正法が公布された。

旧法は訓示規定を中心とする法体系であったが、改正法では、具体的既定の充実が図られ法律名も「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」に変更された。具体的には、法目的に「協働取組」の推進が追加され、地方自治体による推進枠組みの具体化として「環境教育・協働取組推進の行動計画」の策定ができること、学校教育における環境教育のさらなる充実、人材認定事業の登録対象に協働取組のファシリテーターの認定、環境教育教材の開発等が追加された。また、自然体験の機会の場の知事による認定制度の導入、環境行政への民間団体(NPO等)の参加および協働取組の推進のため、協定制度の導入や事業型環境NPOの活動支援なども加えられた。基本方針等の閣議決定等を経て2012年10月1日に完全施行。

 この解説に含まれる環境用語 |
  環境教育推進法
  ファシリテーター
 この環境用語のカテゴリー |
  その他その他

 関連Webサイト |
  環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(法令データ提供システム)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15HO130.html
  環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)
http://www.env.go.jp/policy/suishin_ho/kaisei_2011.html
  環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律 成立後の動向(日本環境教育学会)
http://www.jsoee.jp/info/23/136-new-law-2011.html
  環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律 新法の成立まで(日本環境教育学会)
http://www.jsoee.jp/info/23/81-motivate-env-conserv.html
ページトップへ