一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 土壌分析

作成日 | 2012.05.16  更新日 | 2012.05.16

土壌分析

ドジョウブンセキ  

解説

土壌ガス分析:土壌を削孔して、減圧捕集瓶によって揮発性有機化合物を捕集し、GC-PID、GC-MSを用いて分析する方法。

土壌TPH試験(油汚染対策ガイドライン):土壌の全石油系炭化水素(TPH)の濃度を測定する試験方法。注記)鉱油の油膜・油臭の確認を基本とする土壌の油汚染において、きゅう覚などの感覚を補完するために指定された試験方法で、水素炎イオン化検出器付きガスクロマトグラフ法、赤外分光分析法、重量法がある。

土壌TPH濃度(油汚染対策ガイドライン):土壌の油汚染を測るきゅう覚などの感覚を補完するための手段として定めた3種類の試験方法によって測定した値。注記)土壌TPH試験(295)の注記に示す3種類の試験方法では、各々のTPHの測定成分が異なるため、試験方法の記載が必要である。

溶出試験:土壌試料に水を加えた場合に溶出してくる物質の量を測定する、土壌環境基準に対応する試験。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト