EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
亜高山帯針葉樹林 
次の記事へ
 件数:145件
 索引:「ア」
 51-60件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.12.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年もさまざまなできごとがあった。直接環境にかかわるトピックスは本編に譲るとして、米国のトランプ大統領の就任による自国第一主義への舵きりは、支持基盤層である石炭産業の復権をめざした保護策の打ち出しなど、環境政策にも大きな影響が及んでいる。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
亜高山帯針葉樹林
アコウザンタイシンヨウジュリン   【英】Subalpine Coniferous Forest  
 解説 |
亜高山帯の代表的な植生。中部日本では標高1,500m以上、東北地方では1,000m?1,400m、北海道では標高0mから成立する。西日本でみられるのは、紀伊半島と四国の最高峰の頂上付近のみで、愛媛県石鎚山(1,982m)が南限
北海道ではトドマツ、エゾマツ、アカエゾマツ、本州と四国ではシラビソ、オオシラビソ、トウヒ、コメツガ、クロベなどで構成される。これら数種の高木が樹冠を密に占め、林床は暗い。針葉樹の落葉は樹脂が多く、気温も低いため土壌動物に分解されにくく、未分解の粗腐植が厚く堆積する。粗腐植が分解されると土壌は酸性化するため、林床には、コケ類、地衣類、シダ類など酸性の土壌に適した植物が生育している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  南限
  地衣類
  植生
  亜高山帯
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  自然環境森林・林業

 関連Webサイト |
  北海道
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-kskky/environ/vegetate/vegetate.html
ページトップへ