一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 山の日

作成日 | 2016.09.30  更新日 | 2016.10.05

山の日

ヤマノヒ  

解説

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として制定された国民の祝日。「国民の祝日に関する法律(通称:祝日法)の一部を改正する法律」が2016年1月1日から施行されたことにより、2016年から8月11日が「山の日」として「国民の祝日」に加えられた。国民の休日は1996年に設けられた「海の日」以来20年ぶりの新設となった。

「山の日」の制定を求める日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等の意見を受け、2013年、超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」が設立され、「山の日」制定に中心的な役割を果たした。何月何日を「山の日」とするかについては、種々議論があり、最終的に8月11日が選定されたが、8月11日が山に関する特別な由来があるわけではない。(2016年3月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト