EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
高速増殖原型炉... 
次の記事へ
 件数:286件
 索引:「コ」
 67-76件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2016.09.30 更新日 | 2017.07.19
高速増殖原型炉もんじゅ
コウソクゾウショクゲンケイロモンジュ   【英】Prototype Fast Breeder Reactor Monju   [同義] もんじゅ 
 解説 |
 敦賀市北西部の敦賀半島に位置するMOX燃料(プルトニウム・ウラン混合酸化物)を使用し、消費した量以上の燃料を生み出すことのできる高速増殖炉の実用化のための原型炉。
 開発にあたって想定されているメリットは、
 ・供給エネルギー以上のエネルギーを産生できること。(設計値:1.2倍)
 ・使用済み核燃料の再処理によって発生するプルトニウムを利用(処理)できること   などであり、核燃料サイクルの重要な部分を構成している。
 一方、想定されるリスクとしては、
 ・熱媒体(冷却材)として、管理の難しい金属ナトリウムを使用すること。
 ・技術的に未完成である部分が多く、現在、技術開発を続けているのは日本だけ
 などが考えられる。
 1994年4月5日に臨界を達成したが、1995年12月8日、動力炉・核燃料開発事業団(当時)高速増殖原型炉「もんじゅ」で、配管の温度検出器取出し部から、2次系ナトリウムが漏洩する事故が発生した。
 2010年5月6日に、14年5か月ぶりに運転再開したが、同年8月26日に、原子炉容器内に筒型の炉内中継装置(重さ3.3トン)が落下し、吊り上げによる回収は難しいと判断され、長期の運転休止となった。
 2015年11月13日には、原子力規制委員会(田中俊一委員長)から、文部科学大臣に対し、「日本原子力研究開発機構(JAEA)に代わる運営主体を特定するか、できない場合は、もんじゅの在り方を抜本的に検討するよう」勧告された。
 2016年6月8日現在、未稼働。(2016年6月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
 この環境用語のカテゴリー |
  その他その他

 関連Webサイト |
  高速増殖原型炉もんじゅ(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
http://www.jaea.go.jp/04/turuga/monju_site/page/how.html
  高速増殖原型炉もんじゅに関する文部科学大臣に対する勧告について(原子力規制委員会)
https://www.nsr.go.jp/disclosure/law/RAR/20151113monju.html
  エネ百科(一般財団法人日本原子力文化財団)
http://www.ene100.jp/
ページトップへ