EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界農業遺産  
次の記事へ
 件数:223件
 索引:「セ」
 124-133件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2017.07.18 更新日 | 2017.07.19
世界農業遺産
セカイノウギョウイサン   【英】Globally Important Agricultural Heritage System   [略]GIAHS  
 解説 |
 社会や環境に適応しながら何世代にもわたり継承されてきた伝統的な農林水産業、それと結びついた文化や美しい風景、そして生物多様性などが一体となった世界的に重要な農業システムを持つ処として国連食糧農業機関FAO)が認定した地域。2002年に南アフリカのヨハネスブルグで開催された「持続可能な開発に関する世界首脳会議」でFAOにより提唱された。2004年に青田の水田養魚(中国)、イフガオの棚田(フィリピン)、チロエ農業(チリ)などが最初に選定された。2016年1月現在、世界15ヵ国36地域が認定されている。日本では次の8地域が認定されている。
 2011年6月認定:新潟県佐渡市、石川県能登地域
 2013年5月認定:静岡県掛川周辺地域、熊本県阿蘇地域、大分県国東半島宇佐地域
 2015年12月認定:岐阜県長良川上中流域、和歌山県みなべ・田辺地域、宮崎県高千穂郷・椎葉山地域
(2017年2月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  風景
  棚田
  生物多様性
  持続可能な開発に関する世界首脳会議
  国連食糧農業機関
  FAO
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境森林・林業
  自然環境農業・漁業

 関連Webサイト |
  世界農業遺産・日本農業遺産(農水省)
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_1.html
  世界農業遺産(GIAHS)
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/eat/series/44
ページトップへ