EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境DNA    
次の記事へ
 件数:342件
 索引:「カ」
 246-255件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2017.07.18 更新日 | 2017.07.19
環境DNA
カンキョウディーエヌエー   【英】Environmental DNA   [略]eDNA  
 解説 |
 生物の細胞などにはその生物固有のDNAが含まれている。生物の分類や進化などの解析にこのDNAが有力な情報となることは良く知られている。生物の身体からは新陳代謝により絶えず組織片が、剥がれ落ちたり、排せつ物などに付着したりするなどして体外に放出されている。
 海や川に生息している生物においても同様であり、その生息域の水中にはこうした組織片(細胞)などが含まれていることになる。そこで、この水を採取し、その中からDNAを取り出し、分析すれば、どの様な生物がどの程度棲んでいるのかわかる可能性がある。
 事実、河川や海水中のDNAを調べてみたところ、様々な生物のDNAが存在することがわかった。
 このような環境水などの環境試料中のDNAのことを環境DNAと呼ぶ。
 従来、河川や海水中の私物調査には、実際にそこに生息する生物を捕獲することにより調査されてきたが、多様な生活環境に生育する生物を網羅的に調査することは、時間もかかり、また捕獲などにより希少生物への負荷が大きく、問題があった。そこで、前述のように環境水中のDNAを調べることにより、生物調査を行う方法が研究され、大きな成果を上げつつある。
 特徴は、少ない採水量で、比較的広範囲な調査が網羅的、かつある程度定量的にも可能なことで、注目されている。(2017年7月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  河川
  DNA
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  環境DNAとは?(北海道大学 環境DNA研究チーム)
http://hokudaiedna.php.xdomain.jp/what-is-edna/
  環境DNA技術を用いた生物分布モニタリング手法の確立
https://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h27/pdf/4RF-1302.pdf
ページトップへ