EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カリンB号事件  
次の記事へ
 件数:345件
 索引:「カ」
 152-161件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
カリンB号事件
カリンビーゴウジケン   【英】Karin B Incident / Koko Dumping Incident   [同義] ココ事件  ココ投棄事件 
 解説 |
1988年に起きた、有害廃棄物の越境移動に伴う国際環境問題を象徴する事件。イタリアの業者がナイジェリアのココ港に有害廃棄物不法投棄したことが発覚し、外交問題に発展。イタリア政府は、非を認め、撤去した有害廃棄物をカリンB号ほかに積み込んで、ヨーロッパに向けて出港した。しかし、住民等の反対により入港を拒否され、公海をさまよった。
このような高度な処理を要し、コストもかさむ有害廃棄物の処理を、規制の緩い途上国において投棄するケースは、各地で頻発した。外貨獲得のため安易に受け入れた途上国では、不適切処理によって深刻な環境影響を及ぼすこととなる。
こうしたできごとを受けて、経済協力開発機構(OECD)と国連環境計画(UNEP)では、1989年に有害廃棄物の国境を越える移動等の規制に関する国際的な枠組み及び手続等を規定したバーゼル条約を採択している。
なお、日本でも、1999年に栃木県内の産業廃棄物処理業者が、再生紙原料の名目でフィリピンに輸出した廃棄物に大量の医療系廃棄物が混入していることが発覚し、外交問題に発展している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  有害廃棄物の越境移動
  不法投棄
  廃棄物
  途上国
  産業廃棄物処理業者
  再生紙
  国連環境計画
  経済協力開発機構
  バーゼル条約
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  新聞報道でみる80年代の問題(環境省)
http://www.env.go.jp/recycle/yugai/html/01.html
ページトップへ