EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:17件
 索引:「t」
 8-17件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2018.04.17 更新日 | 2018.04.24
やちぼうず
tocksock   【英】ヤチボウズ   [同義] 谷地坊主 
 解説 |
 谷地坊主と表記することもある。谷地とは湿原のことで釧路湿原など北方の湿原で見られる。つぼを逆さにしたような株の形をしている。名前の由来は、その様子がお坊さんの頭に似ていることによる。
 カブスゲという植物の株は、冬、地面が凍結すると霜柱のように株ごと盛り上がる。そして翌春、雪解け水などで盛り上がった株の土がえぐられて根元が細くなる。この繰り返しにより、数10年で高さ40?50cmに生長し、大きなかたまりをつくる。
 ヤチボウズに対してヤチマナコ(谷地眼)は湿原に見られるぽっかりとあいた、つぼ型の水たまりのことである。底は深く広い。(2018年2月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  釧路湿原
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  釧路湿原(北海道デジタル図鑑)
http://www1.hokkaido-jin.jp/zukan/story/01/12.html
  釧路湿原の魅力3「ヤチボウズ・ヤチマナコ」(水のカムイ観光圏?釧路湿原・阿寒・摩周?)
http://kam-kankouken.jp/tourism/kushiro/special/17.html
  「乙女高原の谷地坊主」が山梨市指定天然記念物となりました(山梨市)
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/docs/yachibouzu.html
ページトップへ