一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 SDGsウォッシュ

作成日 | 2019.06.25  更新日 | 2019.06.27

SDGsウォッシュ

エスディージーズウォッシュ   【英】SDGs Wash  

解説

「SDGsウォッシュ」とは、SDGsの本質とねらいを理解せず、本気ではないにもかかわらず、表面的に自社の活動によってSDGsに取り組んでいるふりをする、すなわちうわべだけのSDGs活動を指す。「グリーンウォッシュ」から連想された言葉である。

「グリーンウォッシュ」とは、実態が伴っていないにも関わらず、「環境に良い」というイメージだけを自社のPRに使用する行為を批判する言葉で、企業が環境問題に本気で取り組む気もないのに、あたかも環境に配慮しているかのように見せかけることである。SDGsは、地球社会の持続可能性のために解決すべき優先課題を、2030年までの達成をめざして包括的に整理したものである。SDGsウォッシュとの批判を受けないためには、企業は持続可能性を自社の事業戦略の中核に据え、事業を通じてSDGsの達成に向けた意欲的な貢献が求められている。逆に言えば、企業がSDGsを活用することで、中長期的な価値創造戦略を再構築し、自社の持続可能性につなげることができるのである。(2019年4月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト