一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 環境ファシズム

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

環境ファシズム

カンキョウファシズム   【英】Environmental Fascism  

解説

種や生態系の保全を最優先させる、地球全体主義の偏った思想を批判する際に用いられる概念。

批判者によれば、地球全体主義は、個人の権利・生命を犠牲にする危険性があるとされる。例えば、人口増加を防ぐために、人工妊娠中絶を強制することが肯定化されるなど。

環境倫理学の議論の中で、「環境ファシズム」という言葉を最初に使ったのはトム・リーガン(アメリカ)で、すべての個(動物や人間)の固有の価値を重視する考え方を展開していた。したがって、生態系や種の保護を重視する地球全体主義を、個々の生命の犠牲を容認するファシズムであるとして批判した。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト