EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
建設廃材    
次の記事へ
 件数:76件
 索引:「ケ」
 34-43件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
建設廃材
ケンセツハイザイ   【英】Construction Scrap Materials  
 解説 |
工作物の新築、改築、除去に伴なって発生したコンクリート・煉瓦・アスファルトなどの破片。2002年の発生量は5,500万トンで、産業廃棄物の総排出量の14%程度を占めた。また、再資源化率は84%であった。
いずれも破砕・選別されて再生骨材となり、道路路盤材、埋め戻し材、裏込め材などの土木資材として利用される。また、コンクリート塊は再生生コン材料となり、アスファルト塊は再生合材として舗装に用いられる。
なお、建設リサイクル法(2000)は、建築物、工作物の両方に係る解体、新築棟に係る建設廃棄物を対象としているので、建設廃材(がれき類)についても、同法による再資源化義務が課せられる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  産業廃棄物
  再資源化
  建設廃棄物
  建設リサイクル法
  がれき類
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  建設副産物リサイクル広報推進会議
http://www.suishinkaigi.jp/outline/what/index.html
  国土交通省のリサイクルホームページ
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/menu11.html
ページトップへ