EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際捕鯨委員会  
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 128-137件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
国際捕鯨委員会
コクサイホゲイイインカイ   【英】International Whaling Commission   [略]IWC  
 解説 |
国際捕鯨取締条約の執行機関として、1948年に世界の主要捕鯨国(15カ国)により発足、日本は1951年に加盟した。「鯨類資源の保存と有効利用、捕鯨産業の秩序ある育成」が目的。
1960年代より国別捕獲枠や希少鯨類の捕獲禁止措置を実施。規制対象鯨種は、全てのヒゲクジラ(ナガスクジラ、ミンククジラ等)及びハクジラの一部大型種(マッコウクジラ等)とされており、イルカなどの小型鯨類は対象とされていない。
1980年代からは非捕鯨国の加盟が急増したため年次総会の目的が反捕鯨へと移行。1982年には「商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)」が採択された。2002年6月現在の加盟国は49カ国。日本・ノルウェー・アイスランドなど捕鯨推進国・持続的利用支持国が21カ国、米国・英国等反捕鯨国が25カ国、コスタリカ等投票権停止国3カ国。
IWC科学委員会は、各国の科学者によって構成され、鯨類資源の調査研究・解析と診断を行い、総会に対して科学的側面からの勧告を行う。
 この解説に含まれる環境用語 |
  捕鯨
  商業捕鯨
  国際捕鯨取締条約
  ミンククジラ
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  自然環境農業・漁業
  自然環境河川・湖沼・海

 関連Webサイト |
  International Whaling Commission
http://www.iwcoffice.org/
  水産資源の持続的利用を考えるページ(水産庁捕鯨班)
http://www.jfa.maff.go.jp/whale/indexjp.htm
ページトップへ